どのような歴史を辿ってきたか

株式会社マス商事も、最初から大きな会社だったわけではありません。
そこで株式会社マス商事がどのような歴史を辿ってきたのかを確認してみたいと思います。

1.初めは個人創業だった

株式会社マス商事の歴史を確認してみると、最初は升商事という個人事業から始まりました。
創業したのは1976年のことです。
1984年になると、横浜市鶴見区に自社ビルを建設するのですが、この時代はバブル期とは言え、短い期間で自社ビルを建設するのは難しいでしょう。
それだけ株式会社マス商事がしっかりと売り上げを得られる仕組みを作ったからこそ実現できたのです。
1988年には大阪に営業所を開設し、1990年には埼玉県熊谷市にも営業を開設します。

2.設立ラッシュを迎える

株式会社マス商事は、大阪や熊谷に営業所を開設すると、1994年にはMASS TRADING SINGAPORE PTE. LTD.が設立されます。
また、1995年にはMASS CORPORATION OF THE PHILIPPINESが設立され、1996年にはMASS TRADING MALAYSIA SDN.BHD.が設立されています。
設立はまだまだ終わりません。
2000年にはPT.MASS TRADING INDONESIAが設立されますし、2004年にはMASS TRADING(Thailand)CO.,LTDが設立されるなど、勢いは止まりません。
2007年になると本社を横浜市港北区に移転しますが、この年にもMASS TRADING(SHENZHEN)CO.,LTD. -SUZHOU BRANCH-が設立されているのです。
まだまだ設立ラッシュは止まらず、株式会社マス商事はこのままの勢いでどんどん成長していくことになります。

3.近年の歴史

近年も株式会社マス商事の勢いは止まりません。
また、営業所の移転なども行われているのですが、株式会社マス商事の熊谷営業所が東日本支店という名前に変更されます。
名前の変更に伴って、営業所も埼玉県熊谷市から、埼玉県さいたま市北区へと移っているのです。
移ったのは熊谷営業所だけではありません。
2013年には大阪支店が西日本支店という名前に変えられるのですが、この時点ではまだ支店のある場所は以前と同じです。
移ったのは2021年のことで、場所は大阪府大阪市淀川区となりました。
近年は営業所の移転や名前の変更など、変わった点がいろいろとあるのですが、2018年には株式会社マス・エンジニアリングサービスが設立されるなど、設立ラッシュもまだ続いているのです。
そして2021年には、本社に設けられているショールームがリニューアルされました。
どのようにリニューアルされたのかというと、オンライン上でも実際に見学に来たかのような映像を見られるようになったのです。
もちろん株式会社マス商事の担当者もオンラインデモには立ち会っているので、きちんと会話をすることもできます。