性能を維持するために欠かせない洗浄工程

見た目をきれいにするだけではなく、長く性能を維持するため、不良のない印刷を保持するためには、洗浄工程というのは欠かせません。
株式会社マス商事でも洗浄工程で使用する機械を取り扱っているのですが、どのような種類の機械があるのか確認してみましょう。

・メタルマスク洗浄機なら素早く洗浄と乾燥ができる

株式会社マス商事で取り扱っている洗浄工程で使用する機械の主力と言ってもよいのがメタルマスク洗浄機です。
主にサワーコーポレーションというメーカーの機械を使用しているのですが、メタルマスク洗浄機には有機溶剤を使用します。
大量に洗浄しなければいけない場合、かなりの量の有機溶剤を使用することになりますが、株式会社マス商事で取り扱っているメタルマスク洗浄機なら、有機溶剤の使用量を減らすことができます。
しかも洗浄から乾燥まで短時間で行えるのも特徴です。
もちろん洗浄能力も高いので、洗い流すのが困難と言われている潰れはんだであっても、きれいに洗浄することができます。
操作方法も簡単なので、株式会社マス商事の担当者の説明をしっかりと聞いていれば、誰でもすぐ操作できるようになるでしょう。

・手動で洗浄することも重要

最近は何でも自動化され、人件費を削減して製造量を増やすことが多いですが、プリント基板の洗浄を行う場合、全て自動で行うのは難しい場合もあります。
そんなときは人間の手で行うようになるのですが、手動で洗浄を行う場合に欠かせないのがハンディタイプ洗浄器です。
ハンディタイプ洗浄器には洗浄ヘッドが取り付けられているので、この洗浄ヘッドを使って作業をします。
手動なので時間はかかってしまいますが、自動では取り切れない部分の洗浄も可能です。
メタルマスクやメッシュスクリーン、はんだ試し刷り基板やバンプ印刷版など、たくさんの種類に対応できるのがハンディタイプ洗浄器のメリットになります。
株式会社マス商事でも取り扱っている機械です。

・ノズルの汚れもしっかりと落とす

ノズルも使用し続ければどんどん汚れていきますし、はんだやフラックスなどが付着することもあります。
そこでマウンタノズル洗浄器を使うことにより、ノズルをきれいに洗浄することができるのです。
ノズルをきれいにしておくことで、チップの脱落などによる不良を減少できますし、チップマウンターの吸着率や実装率を上げることができるのです。
株式会社マス商事でもマウンタノズル洗浄器を取り扱っているので、ノズルを自動できれいに洗浄したい場合には、株式会社マス商事の担当者に相談してみてはいかがでしょうか。